読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メニエール病の人が献血をする際の注意点

メニエール病の方の中には、頻繁に献血をされていた方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、メニエール病治療中の方が献血をする際に注意すべきことについて書きます。

献血の時には、服用している薬が献血の問題にならないか注意する必要があります。メニエール病の治療をしている方が服用している薬と言えば、以下の3つが代表格でしょう。

アデホスコーワ
メニレット

この3種の内、メチコバールは服用していても献血できるそうです。一方、アデホスコーワとメニレットは最後の服用から3日経過していないと献血できないとのことでした。

では、メニエール病の治療で比較的メジャーな五苓散はというと、これは服用していても献血できるそうです。また、ストレス対策で処方されることがあるメイラックスは前日の服用であれば献血できるそうです。

今回調べてみて、意外と服用していても献血できる薬も有るものだなと思いました。この記事がメニエール病を治療中だけど献血したい方の参考になれば幸いです。より確実には、献血の受け付け時に調べてもらうことが可能なので、そちらもご活用下さい。